銀行カードローンの審査に通過するためのコツ

銀行カードローンの審査に通過するためのコツ

私がカードローンを利用してみて感じたのは、審査に通過するには主に収入が影響しているということでした。もちろん信用情報も大切ですが、収入が少なければ結局利用できる金額は減ってしまうので場合によっては借り入れができません。

 

収入が少なくても利用できるサービスはありますが、利用限度額が下がればその分、せっかくリスクを冒してまで利用する借り入れで十分に資金を用意することはできなくなります。私は仕事でしっかりと結果を上げて収入も高く、年収も1000万円近くあったので、利用したカードローンではほぼ上限の金額を設定してもらうことができました。

 

カードローンでなくても借り入れはできましたが、金利が私が住んでいた地域では最も低かったということでそのサービスを選びました。地域内では有名な銀行のサービスだったこともあってか、利用は非常に便利でした。特にカードローンを買い物に利用するというよりは世間では一般的な自動車の購入に使いました。

 

自動車のディーラーのローンは私が利用したカードローンよりも金利が大きかったため、少しでも金利が安く済むサービスを狙っての申込でした。私が利用した銀行では、他の預金などがあるとカードローンの金利が低くしてもらえるという設定があったので、その分を含めれば金利はおそらく他のどこよりも低く、安全なサービスでした。

 

資金に余裕はありましたが、一気に貯金が減ってしまうリスクを考えると多少金利がかかってもローンで利用したほうが安全に利用できました。やはりカードローンは大目に借り入れて最低の金利で利用するのが一番だと感じます。

 

カードローンは、基本的に借り入れできる金額が大きいため、キャッシングに比べると返済額も増えてしまいます。それでも、10000円から20000円の返済額になっている場合が多く、そこまで負担にはならないです。その分完済するまでの期間も長いので、あまり金利もかかりすぎないようになっており、自身で追加返済して金利を節約することもできます。

 

返済金額はキャッシングの平均5000円よりは大きいですが、金額で考えればそこまで大きな負担ではないです。サービスによっては返済が進んでいくと毎月の支払金額が減ってくる場合もあります。50万円の時は10000円、30万円まで残高が下がったら5000円、残り10万円になったら毎月3000円というような感じに金額も変わっていく場合があります。もちろんずっと10000円の返済をしていくこともできるので工夫して返済しましょう。

 

カードローンでありうる負担は金利と毎月の返済にかかわる負担が大きいです。特に、毎月支払う金額が10000円あると公共料金よりも高くなってしまう場合もあり、次第に精神的に疲れてしまうこともあります。

 

毎月振り込むだけでよいのですが、忘れないように義務として行っていると疲れてしまうので、口座からの自動引き落としや口座からの振り込みなども頼れるように、事前に設定しておくとよいです。カードローンはネットバンキングから借入・返済をすることもできるので、できるだけ様々な方法を使えるようにしておき、少しでもリスクマネジメントできるようにしましょう。

 

カードローンやキャッシングは会社の同僚や上司、家族に見つかってしまうと少し不利になってしまうこともあります。借金はやはり信用を落としてしまうものでもあるので、あまり公にならないように利用しましょう。信用を特に大切にするような仕事であれば借金があるだけで異動を命じられてしまうこともあります。

 

借金に嫌悪感を持っている家族がいれば、家族関係でもひびが入ってしまいます。自動車ローンのようなどうしても利用しなければいけないようなもの以外は、あまり利用していることがばれないようカード・契約書などをしっかり保管しましょう。自分用の金庫が用意できれば理想的ですが、あまり場所がない場合には、自分用のポーチなどに常に保管しておくとよいです。

お勧めサイト

  • 資金繰り 改善

    資金繰りで困っている方にビジネスローンの特徴やメリット・注意点などをご紹介。


このページの先頭へ戻る