キャッシングとカードローンの違い

ショートカットの夏

MENU

キャッシングとカードローンの違い

よく間違えられる「キャッシング」と「カードローン」ですが、キャッシングはキャッシング機能のついたクレジットカードを用いてお金を借りる行為であり、無担保で借入できるというのはカードローンと共通ですが、あくまでカードローンは「ローン」を組む行為です。キャッシングで借りたお金は基本的に翌月で一括払いするというのがルール。つまり3万円借りた場合は翌月に3万円+金利を支払うのがキャッシング。

 

5万円借りて分割払いにし、毎月利息分と分割分を支払っていくのがカードローンです。この分割払いはリボルビング払いと良い、一部キャッシングもリボルビング払いが適応されるため、キャッシングとカードローンが同一のものであると間違われてしまう要因となっています。あくまでキャッシングは、キャッシング機能のあるクレジットカードを用いてお金を借りるという方法なのです。

 

上記の通り、キャッシングはリボルビング払いができるサービス以外は原則翌月一括払い。カードローンは分割払い。キャッシングはあくまでクレジットカードを用いたショッピングとしてカウントされるため、一度に借りることのできる金額は少なめであり、適用される金利も比較的高めになっています。そして、キャッシングは返済しないかぎり再び利用はできませんが、カードローンは利用限度額内であれば再び借りることも可能。

 

また、同額で借り入れる場合金利にもよりますが、満期の前に早期返済が可能なカードローンの方が返済額が少なくなる可能性もあります。また、借りるというだけであればキャッシングの方がダントツで楽です。ただし、利用者の多くから「お金を借りているという感覚が薄れる」という声があり、利用していく内に取り返しのつかないことになってしまう事例も幾つか見受けられます。

 

法人 借入